Fandom


“ウェセックス=ヘッド”・ビット=ドライバー("Wessex-head" bit-driver)はゴミ漁り宇宙船等に用いられたパイレックス・ビット・ドライバーの一種。エンドアの戦いの約30後、ゴミ漁りレイはウェセックスとブリセックスという2種類のパイレックス・ドライバーを持ち歩いていた。彼女はゴミ漁りにとって道具は命だと考えており、自分の所有している道具のリストを日記に書き記していた。ストームトルーパーの脱走兵フィンアストロメク・ドロイドBB-8と一緒に<ミレニアム・ファルコン>に乗ってジャクーから脱出した後、レイは船のモチベーターを修理し、フィンにパイレックス・ドライバーを取ってほしいと頼んだ。

制作の舞台裏

“ウェセックス=ヘッド”のパイレックス・ドライバーは2015年の映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に登場した。パイレックス・ドライバーの名称はスター・ウォーズ レジェンズ設定に登場するスター・デストロイヤーの設計者の名前(ワレックス・ブリセックスライラ・ウェセックス)にちなんでいる。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。