Fandom


この記事はジン・アーソの救出を扱っています。お探しの記事はゲイレン・アーソの救出かもしれません。
「おめでとう、あなたは救出されました。抵抗しないでください」
K-2SO[出典]

“リアナ・ハリク”の救出(Extraction of "Liana Hallik")、もしくはアーソの解放(Liberation of Erso)は当時リアナ・ハリクという偽名で惑星ウォバニ銀河帝国労働キャンプに収容されていたジン・アーソを救出するため、共和国再建のための同盟0 BBYに行った任務の名称である。反乱同盟はジンの父親であるゲイレン・アーソ銀河帝国超兵器デス・スターの建造に携わっているという情報を掴み、帝国から離反したボーディー・ルックという名の貨物パイロットがゲイレンのメッセージを運んでいることを知った。しかしボーディーの身柄は過激反乱分子パルチザンを率いるソウ・ゲレラによって拘束されていたため、反乱同盟はゲレラの古い知り合いであるジン・アーソを解放してパルチザンとの接触任務に協力を求めることにした。

ルースコット・メルシ軍曹率いる救出チーム・ブラボーはジンが収監されている惑星ウォバニの帝国収容所および労働キャンプLEG-817へ向かい、護送車のHCVw A9ターボ・タンクに乗り込んでストームトルーパーの護衛を制圧する。解放されたジンは反乱軍の兵士たちを倒して逃亡を試みたが、セキュリティ・ドロイドK-2SOによって取り押さえられた。ウォバニを離れた後、救出チーム・ブラボーは帝国軍の追撃を受けて小惑星帯への避難を余儀なくされるも、援軍のレッド小隊の助けを借りて脱出に成功する。その後ジンは衛星ヤヴィン4同盟軍本部へ連れて行かれ、反乱同盟の任務を引き受けたことをきっかけに、デス・スター設計図を巡る戦いに身を投じることになった。

背景

「貨物を運んでいた帝国のパイロットだ。昨日逃亡してきた。そいつが言うには、奴らは兵器を造っているそうだ」
ティヴィック[出典]
Musters and Jyn

ウォバニに収監されたジン・アーソ(右)

0 BBY[2]共和国再建のための同盟情報部衛星ジェダボーディー・ルックという名の貨物パイロット銀河帝国から離反したことを突き止めた。ボーディーは帝国の超兵器設計に携わっている科学者、ゲイレン・アーソのメッセージを運んでいた。[1] 反乱同盟はこの情報の真偽を確認するために[5] キャシアン・アンドー大尉カフリーンの環派遣し、パルチザンの連絡員であるティヴィックと接触した。その結果、ボーディーは確かに“プラネット・キラー”に関係するゲイレンのメッセージを持っており、現在はパルチザンの指導者であるソウ・ゲレラによって拘束されていることが分かった。[1]

反乱同盟はさらなる情報を求めたが、過激分子であるソウ・ゲレラとは折り合いが悪かったため、ゲイレンの娘で、ゲレラの古い知り合いであるジン・アーソに任務への協力を求めることにした。[1] 同盟情報部はジンが“リアナ・ハリク”という偽名で惑星ウォバニの帝国収容所および労働キャンプLEG-817に収監されており、帝国に対するさまざまな犯罪行為の罰として20年の労働刑に[4] 現在6ヶ月[6] 服していることを突き止めた。同盟軍の指導者たちのあいだには不満の声があったものの、ジン・アーソの救出任務はモン・モスマ議長の承認のもと進められることになった。[4] デイヴィッツ・ドレイヴン将軍の認可を得て[7]同盟軍特殊部隊[8] ルースコット・メルシ軍曹率いる高速対応部隊、救出チーム・ブラボーがこの任務のために編成された。[7]

救出

「ここから出たいか?」
―ジン・アーソに対し、ルースコット・メルシ[出典]

救出チーム・ブラボーの隊員はジン・アーソがHCVw A9ターボ・タンクで護送されるタイミングを狙って刑務所キャンプに到着した。[7] この時、ジンはオーリン・マスタースをはじめとする囚人たちとともに、農作業の労働現場へ運ばれる途中だった。[4] 救出チーム・ブラボーは護送車を襲撃して車内に乗り込み、囚人たちを見張っていた2名のストームトルーパーを倒した。車内を制圧した後、メルシ軍曹はリアナ・ハリクの名を呼び、鎖につながれていたジンの身元を特定した。[1]

Rescue of Jyn Erso-Rogue One

反乱軍に発見されたジン・アーソ

スタンカフを外されて自由の身になったジンは、メルシが背後にいる他の囚人に気を取られたすきに、1人で逃げ出そうとした。彼女はメルシを押し倒し、船内にあったシャベルを掴んで残りの反乱軍兵士をノックアウトした。彼女はそのままターボ・タンクの出口へ駆け出したが、外に出たとたん元帝国所属のKXシリーズ・セキュリティ・ドロイドK-2SOによって取り押さえられる。K-2SOは自分たちがジンを解放するためにやってきたことを明かし、抵抗をやめるよう告げた。[1]

救出チーム・ブラボーは地上における救出ミッションを成功させたが、彼らのUウイング・スターファイターブラボー・ワン>に技術的な問題が発生し、ハイパースペースへのジャンプができなくなった。彼らはウォバニ星系内にある小惑星帯に一時避難し、連絡可能な反乱軍の全宇宙船に向けて、K-2SOによる最優先信号が送信された。幸運にもXウイング・スターファイター部隊のレッド小隊が彼らの呼びかけに応え、迫りくる帝国軍からUウイングを防衛した。[3]

その後

ジン・アーソは衛星ヤヴィン4にあるグレート・テンプル基地へ運ばれ、デイヴィッツ・ドレイヴン将軍や、反乱同盟の設立メンバーであるモン・モスマと引き合わされる。アーソはモスマから父親の状況やデス・スターに関する説明を受け、バトル・ステーションの設計図奪取する作戦に参加することになった。

登場エピソード

参考資料

脚注

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。