Fandom


はざまの世界(World between worlds)とは、惑星ロザルにあるジェダイ・テンプルの壁に描かれたモーティスの神々古代壁画から入ることができる、神秘的な世界である。はざまの世界は時間空間をつなぐ道と扉の集合体で、この世のあらゆる瞬間をひとつに結びつけていた。

銀河帝国の統治者であるダース・シディアスは、ヴェリス・ハイダン大臣が言うところの“全宇宙を支配可能な”空前絶後の力を手に入れるべく、はざまの世界に入る手段を探し求めた。しかしジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーがシディアスよりも先にはざまの世界へ至るカギを見つけ、シス卿の計画を妨害した。はざまの世界に入ったエズラは、3 BBYに発生したマラコアの対決の瞬間につながる扉を発見し、ダース・ヴェイダーと戦っていたアソーカ・タノをはざまの世界へ引き寄せた。その後、エズラは同じ方法でケイナン・ジャラスを死から救おうとしたが、アソーカに説得されて断念した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。