Fandom


アイオン・パパノイダ(Ion Papanoida)は男性パントランで、衛星パントラを治めるパパノイダ書記長の息子である。チー・エクウェイチェ・アマンウェという2人の姉がいた。

経歴

N Papanoida And His Family

アイオンとその家族

21 BBYトレード・フェデレーションによるパントラ封鎖事件が発生した際、アイオンは父親や姉たちとともに銀河共和国首都惑星コルサントを訪れ、パントラの代表者を務めるリヨ・チューチー元老院議員と初対面を果たした。この日、チェ・アマンウェとチー・エクウェイは分離主義勢力に雇われた賞金稼ぎグリードによって誘拐された。アイオンとパパノイダ書記長は分離主義者がパントラを引き込むための人質として彼女たちを誘拐したと判断し、チューチー議員やジェダイパダワンアソーカ・タノらとともに調査を開始した。[2]

アイオンとパパノイダは誘拐現場のアパートメントに残されていた血液を手がかりにグリードを追い、タトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハット宮殿を訪れた。2人はグリードをジャバの前に引き立て、彼が誘拐事件に関与したことを自白させた。その後グリードはパントランの親子をチャルマンのカンティーナへ案内し、監禁していたチェ・アマンウェを解放した。グリードの仲間たちはパントランの正体に気づいてブラスターを抜いたが、アイオンとパパノイダは逃げ出したグリードを除いてカンティーナにいた全員の敵を倒した。一方、パントラ上空のドロイド司令船に囚われていたチー・エクウェイもチューチーとタノによって救出され、封鎖危機は解決された。[2]

制作の舞台裏

アイオン・パパノイダはジョージ・ルーカスの息子ジェット・ルーカスをベースにしている。声優はトド360役も務めたセス・グリーン

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。