FANDOM


「投降してきた反乱軍兵士です。本人は否定しておりますが、他にも仲間がいると思われます。捜索続行の許可をお願いします」
―ダース・ヴェイダーに対し、アイガー司令官[出典]

アイガー(Igar)は人間男性で、銀河帝国地上軍に仕えた司令官4 ABY、彼は衛星エンドアにある第2デス・スターシールド・バンカーに配属され、帝国軍駐屯部隊の指揮を執っていた。

経歴

ヤヴィンの戦いの4後、アイガー司令官は衛星エンドアに配属され、ダイヤー大佐ヒューウェクス少佐らとともにストームトルーパースカウト・トルーパーによって構成される駐屯部隊の指揮を執った。当時エンドアの上空では第2デス・スターの建造が進められており、地上にはバトル・ステーションを防衛するSLD-26惑星シールド発生装置が配置されていた。

エンドアの戦いが始まった後、アイガーは帝国軍に投降してきた反乱同盟軍ジェダイルーク・スカイウォーカーシス卿ダース・ヴェイダーのもとへ連行した。スカイウォーカーから取り上げたライトセーバーを差し出した後、アイガーはエンドアの森に潜んでいるはずの他の反乱軍を捜索する許可をヴェイダーに求めた。ヴェイダーはスカイウォーカーへの対処は自分ですると語り、アイガーとトルーパーたちに捜索活動へ戻るよう命じた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。