Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

「暴力は暴力を呼ぶ。ジェダイは平和の守護者ではない」
―セキュラのライトセーバーを見て、テー・ワット・カー[出典]

銀河共和国時代の末期、ジェダイアイラ・セキュラい刃を放出するライトセーバーを所有していた。

歴史

ライトセーバーを起動したセキュラ

トワイレックジェダイ・ナイトアイラ・セキュラクローン戦争勃発以前からシンプルなデザインのシングル=ブレード・ライトセーバーを所有していた。22 BBY、彼女はジオノーシスの戦いでこのライトセーバーを使い、独立星系連合バトル・ドロイドジオノージアン戦士と戦った。以降、彼女は共和国グランド・アーミージェダイ将軍として、クローン戦争の戦場でライトセーバーをふるった。

戦争中、セキュラは惑星マリダンにおける防衛戦や、コルサントで発生したジロ・ビースト事件でこのライトセーバーを使用する。また、19 BBYに発生したヴィズラ・キープ09における戦いでは、ダークセーバーを持つシス卿ダース・モールと対決を繰り広げた。その後、彼女はアウター・リム包囲作戦フェルーシアの任務に参加したが、オーダー66が発令された際に、ライトセーバーを起動する暇もなくクローン・トルーパーに射殺された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。