Fandom


アイヴァー・ドレイク(Ivor Drake)は人間女性で、銀河共和国末期の元老院議員である。銀河元老院においてケストス・マイナーを代表した。彼女はシーヴ・パルパティーン最高議長の権力拡大に反対したため、銀河帝国設立直後に逮捕された。

経歴

銀河共和国時代の末期[3]人間女性[2] アイヴァー・ドレイクは銀河元老院においてケストス・マイナーを代表する元老院議員を務めた。共和国が独立星系連合クローン戦争を繰り広げていた頃、ドレイクはシーヴ・パルパティーン最高議長の行政権拡大に反対意見を唱える政治グループ、“2,000人の議員”に参加していた。19 BBY銀河帝国設立された次の日、ドレイクは帝国情報部による議員一斉逮捕の対象となる。[1]

0 ABY当時、ドレイクは他の反体制派議員と一緒にコルサントアース=エノ刑務所収監されていた。この年、反乱同盟は処刑が決まった反体制派議員を救出しようとしたが失敗に終わり、ドレイクたちは命を落とした。[1]

制作の舞台裏

アイヴァー・ドレイクは2005年5月19日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場した無名キャラクターの1人である。同年にスター・ウォーズ インサイダー誌第85号に掲載された記事、『Who's Who in the Delegation of 2000』(ダニエル・ウォーレス著)で初めて名前が判明した。この記事は現在レジェンズ設定扱いとなっているが、2017年に発売された正史の設定資料集『スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア』(アダム・ブレイトリシア・バーコール・ホートン著)で改めてこのキャラクターが紹介された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。