Fandom


「残った兵を集めて軍を引き揚げさせよ。アガマーへ移すのだ」
カラーニ将軍に対し、ドゥークー伯爵[出典]

アガマー(Agamar)は銀河系アウター・リム・テリトリーアガマー星系に属す惑星。霜の降りた不毛の岩地が広がっていた。

歴史

銀河共和国時代の末期、アガマーはクローン戦争の戦場となった。独立星系連合の指導者であるドゥークー伯爵は、オンダロンにおける戦いが敗戦確実であることを知ると、現地で戦っていたスーパー・タクティカル・ドロイドカラーニ将軍分離主義勢力ドロイド軍をアガマーへ移動させるよう命じた。クローン戦争終結時、ダース・シディアスの命令によって独立星系連合のバトル・ドロイド軍は一斉に機能を停止したが、アガマーで戦っていたカラーニの部隊は停止信号を敵の罠と見なして無効化し、戦争終結後も20年近くにわたって機能を維持した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。