Fandom


(参考資料)
 
(1人の利用者による、間の4版が非表示)
9行: 9行:
 
|position=
 
|position=
 
|moons=
 
|moons=
|coord=M-5<ref name="TFABG">出典:{{EP7|BG}}</ref>
+
|coord=M-5<ref name="TFABG">{{EP7|BG}}</ref>
 
|xyz=
 
|xyz=
 
|routes=
 
|routes=
44行: 44行:
 
*{{TCW|ターニング・ポイント}} {{1stm}}
 
*{{TCW|ターニング・ポイント}} {{1stm}}
 
*{{Rebels|クローン戦争の名残}}
 
*{{Rebels|クローン戦争の名残}}
  +
*{{MC|SW4}} {{Mo}}
   
 
==参考資料==
 
==参考資料==
  +
*{{EP7|BG}}
  +
*[[きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック 増補改訂版]]
 
*{{Databank|agamar|Agamar}}
 
*{{Databank|agamar|Agamar}}
  +
 
==脚注==
 
==脚注==
 
{{Reflist}}
 
{{Reflist}}

2019年7月7日 (日) 15:46に更新

「残った兵を集めて軍を引き揚げさせよ。アガマーへ移すのだ」
カラーニ将軍に対し、ドゥークー伯爵[出典]

アガマー(Agamar)は銀河系アウター・リム・テリトリーアガマー星系に属す惑星。霜の降りた不毛の岩地が広がっていた。

歴史編集

銀河共和国時代の末期、アガマーはクローン戦争の戦場となった。独立星系連合の指導者であるドゥークー伯爵は、オンダロンにおける戦いが敗戦確実であることを知ると、現地で戦っていたスーパー・タクティカル・ドロイドカラーニ将軍分離主義勢力ドロイド軍をアガマーへ移動させるよう命じた。クローン戦争終結時、ダース・シディアスの命令によって独立星系連合のバトル・ドロイド軍は一斉に機能を停止したが、アガマーで戦っていたカラーニの部隊は停止信号を敵の罠と見なして無効化し、戦争終結後も20年近くにわたって機能を維持した。

登場エピソード編集

参考資料編集

脚注編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。