Fandom


「お前のことが気に入らねえそうだ」
ポンダ・バーバのアクアリッシュ語を訳すコーネリアス・エヴァザン[出典]

アクアリッシュ語(Aqualish)はアクアリッシュ種族が使う言語である。

特徴

アクアリッシュ語は人間の感覚ではナーフの鳴き声のように聞こえた。[1] また600万を超える言語を流暢に話せると自称する[3] プロトコル・ドロイドC-3POによれば、素人のアクアリッシュ語通訳は「7」と「17」を間違えがちであるという。[2] アクアリッシュ語にはハッティーズ語ローディアン語と構造上の類似点があった。そのためこのうちどれか1つの言語を学べば、他の2つを習得するのも楽になった。[4] アクアリッシュ語には、発音を表記するための独自の文字が存在した。[5]

歴史

マンダロリアンの武器専門家で反乱者サビーヌ・レンはアクアリッシュ語を話すことができた。<ゴースト>の仲間とともに銀河帝国T-7イオン・ディスラプター・ライフル強奪作戦に着手した際、レンは一般市民のふりをしてマーケス・チュア大臣やアクアリッシュの武器商人アムダ・ワボに接触し、通訳を買って出た。彼女はワボからディスラプターの保管場所を聞き出し、チュアには間違った情報を教えた。[2]

知られているフレーズ

  • グルア・サン(Grua thun):ごめんなさい[6]
  • モグ・バブ・ウィル・ウォン(Mog Babb will worn):わかりません[6]
  • バルー・トグ・ノグリン(Baroo tog noggrin):ご一緒できて光栄です[6]
  • キシュ・トシュ・カピク?(Kish tosh kapik?):これは何ですか[6]
  • ウルダグ(Wooldug):ご搭乗開始です[6]
  • ブク=ブク(Buk-buk):最終の搭乗案内です[6]

登場エピソード

Tua and Wabo

アムダ・ワボのアクアリッシュ語が理解できないマーケス・チュア

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。