Fandom


「マラステア議会はトレード・フェデレーションの名誉ある代表者に賛成します。まず委員会を設置されたい」
―アクス・モー[出典]

アクス・モー(Aks Moe)はグラン男性で、銀河共和国衰退期の元老院議員銀河元老院マラステア議会の代表者を務めていた。ナブー危機が発生した際、モー議員はトレード・フェデレーションの代表者に同調し、ナブーパドメ・アミダラ女王の主張を確認すべく委員会を設置するべきだと発言した。

経歴

銀河共和国の衰退期、グランのアクス・モーは銀河元老院マラステア議会代表の元老院議員を務めていた。ヤヴィンの戦いの32前、自由貿易ゾーンへの課税を巡る議論が紛糾し、トレード・フェデレーションミッド・リム惑星ナブー侵略する事件が起きた。ナブーのパドメ・アミダラ女王は共和国の首都コルサントを訪れ、元老院でフェデレーションの不法行為を告発した。しかし、フェデレーションの代表者であるロット・ドッドは女王の発言は虚偽だと反論し、ナブーに調査団を送るべきだと主張した。アクス・モーはドッドを支持し、まず委員会を設置するべきだと意見した。フィニス・ヴァローラム最高議長は委員会による調査を認めたが、業を煮やしたアミダラ女王が議長に不信任案を提出した。ヴァローラムは職を解かれ、ナブー代表のシーヴ・パルパティーン議員が新しい議長に選出されることになった。女王は故郷へ戻り、ナブーの戦いを起こしてフェデレーションの侵略軍を破った。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。