FANDOM


アク=レヴ(Ak-rev)はウィークウェイ男性で、マックス・レボ・バンドに所属したミュージシャンアンパス=ステイとコンビを組み、タトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハット宮殿ドラムを演奏した。

経歴

ヤヴィンの戦いの4後、アク=レヴはマックス・レボバンド・メンバーと共に犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレ宮殿で演奏を行った。当時、アク=レヴはジャバの選任ミュージシャンとして働く傍ら、ボディガードも務めていた。宮殿にある巨大なドラムで音楽を叩き出すには2人が同時に演奏を行う必要があり、アク=レヴは演奏時にクラトゥイニアンアンパス=ステイとコンビを組んだ。

ジャバ・ザ・ハットが踊り子のウーラに激怒し、猛獣ランコアが待ち受ける穴の中へ放り込んだ時、アク=レヴとマックス・レボ・バンドのメンバーは演奏を一時中断した。その後、賞金稼ぎブーシに変装したレイア・オーガナチューバッカが宮殿にやって来た時、アク=レヴもその場に居合わせた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。