アゴリバ=アド(Agoliba-Ado)はアゴリバ=ツ星系に存在したジャングル惑星である。

特徴

アゴリバ=アドはアゴリバ=ツ星系に存在した生命維持可能なふたつの惑星のうちのひとつである。もう一方のアゴリバ=イーナとのあいだには小惑星帯が存在した。アゴリバ=アドはジャングルの星で、羽が3メートルもある超大型昆虫クリーチャーが生息していた。[1]

歴史

のちにエクソゴース研究の専門家となる女性生物学者は、バーレス大学の学生だった頃にアゴリバ=アドでフィールドワークを行った。彼女の教授たちは、全く異なる生態系を持つアゴリバ=アドとアゴリバ=イーナのうち、どちらかの星で先に生命が発生したのち、それがもう一方へ移住したのか、もしくは個々の星で生命が独自に進化を遂げたのか突き止めようとしていた。[1]

しかしアゴリバ=ツ星系にはハイパースペース・ルートが通っておらず、調査船に充てる大学の予算は厳しく制限されていた。そのため女性生物学者は、アゴリバ=アドでの調査を終えた後、大学ビーコンを起動して、アゴリバ=イーナまで運んでくれる有志のパイロットを探した。彼女はルーク・スカイウォーカーが操縦するAウイングに拾われたが、アゴリバ=アドを離れた後、近隣の小惑星に住む巨大エクソゴースの中に迷い込んでしまった。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。