Fandom


「スター・デストロイヤーに吹き飛ばされてしまうわ!」
レイア・オーガナ[出典]

<アジャディケイター>(Adjudicator)は銀河内戦の時代に使用された、銀河帝国宇宙軍インペリアルII級スター・デストロイヤーである。クロン艦長を務め、他2隻のスター・デストロイヤーとともに衛星サイムーン1に配置されていた。0 ABY、サイムーン1の兵器廠アルファ共和国再建のための同盟襲撃を受けた時、<アジャディケイター>は軌道で<ミレニアム・ファルコン>の脱出を阻止しようとしたが失敗に終わった。シス卿ダース・ヴェイダーはこの失態に怒り、フォースを使ってクロン艦長を殺害した。

特徴

<アジャディケイター>はインペリアルII級スター・デストロイヤーであり、エンジンハンガー・ベイ[1]通信タワー偏向シールド発生ドームを備えた。[1][2]

歴史

「申し訳ありません、反乱軍の船は包囲を破りハイパードライブに突入し…」
―クロン艦長[出典]

銀河内戦の初期、クロン艦長帝国宇宙軍スター・デストロイヤー<アジャディケイター>の艦長を務めていた。[1] 0 ABY[3]ヤヴィンの戦いの直後、<アジャディケイター>は他2隻のインペリアル級スター・デストロイヤーとともに衛星サイムーン1軌道に配置されていた。この衛星には、銀河帝国の大規模武器製造施設兵器廠アルファが置かれてた。この、兵器廠アルファは共和国再建のための同盟によって破壊され、帝国は大打撃を被った。施設を破壊した後、反乱軍のメンバーであるルーク・スカイウォーカープリンセスレイア・オーガナハン・ソロチューバッカは、シス卿ダース・ヴェイダーの追跡をかわしながら脱出を試みた。[1]

反乱者たちはYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>に乗り込んでサイムーン1から飛翔したが、軌道で<アジャディケイター>を含む3隻のインペリアル級スター・デストロイヤーと出くわした。しかしスター・デストロイヤーは<ファルコン>のハイパースペース・ジャンプを阻止することができず、反乱者の逃亡を許してしまった。クロン艦長は地上にいるダース・ヴェイダーに報告を行ったが、怒ったシスフォースを使ってこの帝国軍将校を遠隔で窒息させ、命を奪った。[1]

制作の舞台裏

<アジャディケイター>は2015年3月11日マーベル・コミックから発売された正史コミックスター・ウォーズ:スカイウォーカーの衝撃 #3』(ジェイソン・アーロン作、ジョン・カサディ画)で初登場を果たした。本作の翻訳版単行本は2015年11月30日ヴィレッジブックスから発売されている。

スター・ウォーズ レジェンズ設定における<アジャディケイター>はインペリアルI級スター・デストロイヤーであり、新共和国に奪われて<リベレーター>と改名される。初出は1991年のコミック『ダーク・エンパイアI』(トム・ヴィーチ作)。

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。