Fandom


アストリッド・フェンリス(Astrid Fenris)は人間女性で、帝国時代に活動した密輸業者である。改造型YT-2400軽貨物船シルヴァー・ハウル>を所有するフェンリスは、惑星ヴァンドアの氷をララミネラル・ウォーターと偽って輸出していた。10 BBY、フェンリスはハン・ソロランド・カルリジアンがヴァンドアで出会った日にロッジに居合わせた。

経歴

人間女性、アストリッド・フェンリスはイア・タンギー出身で、帝国時代密輸業者として活動した。彼女は<シルヴァー・ハウル>という名前の改造型YT-2400軽貨物船を所有し、寒冷惑星ヴァンドアで採れたを高価なララミネラル・ウォーターと偽ってそのまま輸出し、ララの水に活性化作用があると信じている人々に売りつけていた。[1] 10 BBY、若きハン・ソロがヴァンドアでギャンブラーランド・カルリジアンと出会った日、フェンリスもこの惑星のフォート・イプソにあるロッジに滞在していた。[2]

個性と特徴

アストリッド・フェンリスは白色人種の人間女性で、白い髪の毛をマンダロリアン風のボブカットにしていた。彼女はヴァンドアの氷をララ・ミネラル・ウォーターと偽って販売していたが、このような詐欺行為を続けるのは借金を返し終わるまでだと主張していた。10 BBY当時、フェンリスは隠しポケットがついた茶色い合成皮革のケープレットを羽織り、プラックス・アームズ社オフィディアックス350重ブラスター・ピストルを腰のホルスターに収めていた。[1]

制作の舞台裏

アストリッド・フェンリスは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。名称はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で判明した。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。