この記事は惑星を扱っています。お探しの記事は知覚種族アズメルかもしれません。

アズメルー(Asmeru)はミッド・リムセネックス=ジュヴェックス領域に位置した惑星。アズメルーは複雑な暦を持ち、1年の234日目(暦月で16月)に祭りを行った。この祭りはアズメルーの古語で“カナ”と呼ばれた。

歴史

銀河共和国時代、名門貴族のエレジン家がアズメルーに住んでいた。ナブー危機以前、エレジン家はブレンタールIV出身の男をセキュリティ責任者に雇った。セキュリティ責任者の娘はエレジン家の末息子と愛人関係になり、共に海賊として活動した。彼女はアズメルーの祭りにちなみ「カナ」というニックネームで知られていた。[2]

制作の舞台裏

アズメルーは2001年に発表されたスター・ウォーズ レジェンズの小説、『偽りの仮面』(ジェームズ・ルシーノ著)で初登場を果たした。2014年、同じ作者による小説『ターキン』で言及され、正史設定にも取り入れられた。

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。