Queicon.png

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

帝国時代、元ジェダイパダワンの反乱者アソーカ・タノは2本のライトセーバーを使用していた。このライトセーバープラズマの刃を放出し、持ち手はカーブを描いていた。

歴史

ライトセーバーを持つアソーカ

ジェダイ・オーダーに所属していた頃、ジェダイパダワンアソーカ・タノは緑色の刃を放出する2本のライトセーバーを使っていた。彼女はライトセーバーを逆手に握るシエンの非伝統的な戦闘スタイルを好み、2本のうち1本は短い刃のショート型のライトセーバーだった。クローン戦争終結時、アソーカは自身の死を装うためこれらのセーバーを放棄した。

18 BBY、アソーカは衛星ラーダ尋問官シックス・ブラザー倒し彼のライトセーバーからカイバー・クリスタルを手に入れた。クリスタルは赤く染まっていたが、アソーカによって白く浄化された。彼女は共和国没落後に収集したスクラップの金属でライトセーバーの柄を作り、のちにより機能的かつ装飾的なスタイルに改造した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。