Fandom


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

アチク・メド=ベク[1]銀河共和国の時代の末期にコルサントにいた人間の男性。 彼は犯罪者で、ダニル・フェイトーニとパートナーだったが、ダニルよりも器用で野心高い男だった。

経歴

アチク・メド=ベクは相棒ダニル・フェイトーニの船でコレリアからコルサントへやって来た。彼とフェイトーニはキャプテン・ファロー・アーガイアスセネイト・コマンドーの偽物の制服を手に入れ、この制服を着てコルサントの歓楽街をうろつく。メド=ベクは詐欺師であり、相棒フェイトーニとともにマガルーフなどを騙していた。彼はオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーバウンティ・ハンターザム・ウェセルを追ってアウトランダー・クラブにやって来た際、その店内でトワイレックアイー・ヴィダルネイ・ミンクスと話し込んでいた。

制作の舞台裏

クローンの攻撃』でメド=ベクを演じたのは、ジャー・ジャー・ビンクスの役者であるアーメド・ベスト

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。