Fandom


アテンダンツ(Attendants)はファースト・オーダー最高指導者に仕えた、未知領域出身の声を出さないエイリアンナビゲーターの随行員である。銀河帝国ジャクー戦いで敗北した後、帝国の残党は新共和国から隠れるために未知領域へ逃れ、復讐計画を練った。帝国軍将校の生存者は宙図に載っていない領域を旅する過程で全滅の危険にさらされたが、アテンダンツが切り拓いた古代ハイパースペース航跡が彼らの命を救い、のちのファースト・オーダーの礎を築く助けとなった。[1] 34 ABYレジスタンス艦隊に対して攻撃が行われた時も、アテンダンツはスノークの旗艦スプレマシー>に乗り込んでいた。[2] <スプレマシー>の玉座の間にある円形の展望スコープ“オキュラス”を設計し、操作していたのも彼らアテンダンツだった。[1]

制作の舞台裏

アテンダンツ(従者)は2017年に公開されたライアン・ジョンソン監督によるシークエル・トリロジー第2作『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場した。彼らのデザインは2015年の映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のために制作されたコンセプト・アートが基になっている。

登場エピソード

参考資料

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団 - アテンダンツ
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - エクセキューショナー - ガンナー - ロケット・トルーパー - シス・トルーパー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - TIE/es - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - TIEダガー - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。