Fandom


「私は何があろうと味方です」
アイデン・ヴェルシオに対し、アディアナ・ケイトン[出典]

アディアナ・ケイトン(Adiana Caton)は銀河帝国に仕えた女性[1]パイロットである。帝国軍特殊部隊インフェルノ分隊の母艦であるレイダー級コルベットコルウス>の操縦士を務めた。副操縦士はウェストン・モロ[2] 4 ABYに行われたシンダー作戦のさなか、インフェルノ分隊のコマンダーアイデン・ヴェルシオが帝国からの離反を決意した際、ケイトンも彼女に付き従った。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。