Fandom


アディ・ガリアのライトセーバー(Adi Gallia's lightsaber)[6]ジェダイ・マスターにしてジェダイ最高評議会メンバーのアディ・ガリアが所有した、青いプラズマの刃を放出するライトセーバーである。クローン戦争中、ガリアはこの武器を使って分離主義勢力グリーヴァス将軍サヴァージ・オプレスといった敵とライトセーバーの対決を繰り広げた。ガリアがオプレスに敗れた後、オビ=ワン・ケノービが一時的に彼女のセーバーを使い、ダース・モールやオプレスと戦った。

特徴

ジェダイ・マスターアディ・ガリアライトセーバーデュラスチール製のを持ち、緑色のプラズマの刃を放出した。柄の長さは26.6センチメートル(10.47インチ)で、片手での戦闘スタイルを好む者にとってバランスのよい、ねじれのついたグリップになっていた。[3]

歴史

ソロシアンジェダイ・マスターアディ・ガリアはもともと別のライトセーバーを所持していたが、32 BBY以前に任務で失ってしまい、以後このセーバーを使うようになった。[7]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ ライトセーバー:フォースの武器の手引き』で掲載されているアディ・ガリアのライトセーバーの画像は、他の資料で紹介されているガリアのセーバーと異なる。

登場エピソード

AdiGallia-SWE

ライトセーバーを構えるアディ・ガリア

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。