FANDOM


アドヴォーゼック(Advozsec)、単数形でアドヴォーゼ(Advozse)は火山惑星リフロア出身のヒューマノイド知覚種族である。頭部に短く大きな角を持ち、くて丸いを持っていた。帝国時代惑星タトゥイーンモス・アイズリーに滞在していた傭兵ボム・ヴィムディンがこの種族。

生態と特徴

アドヴォーゼはヒューマノイド型の体格の知覚種族で、くて丸いと先端が尖った、円錐形の短い角を持ち、髪のは生えていなかった。[1] 彼らは分厚い皮膚と敏感な目のおかげで、住居や生活がいつ破壊されるとも分からない過酷な環境の中でも生きていくことができた。[4] 母星リフロアではアドヴォーゼの居住区が火山の噴火によって破壊されることが頻繁にあったため、彼らは有形財に対してほとんど執着心を抱かない傾向にあった。その代わり、アドヴォーゼは災害が起きるたびに何度でも立ち直れるよう、できる限り多くの金銭的な富を蓄えることにこだわった。彼らは種族全体の特徴として人生に対して非常に悲観的な考え方をする傾向にあった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。