Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

クローン戦争の終盤、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーは黄イータ2アクティス級軽インターセプターに乗り込んで戦った。

特徴

幼少期にポッドレーサー・パイロットとして活躍したジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーは、当時の思い出に触発され、自身のイータ2アクティス級軽インターセプターポッドレーサーと同じ黄のカラーリングでカスタムしていた。[1]

歴史

Fighters in formation

コルサントの戦いにて、イータ2

クローン戦争の序~中盤にかけ、アナキン・スカイウォーカーは黄色のデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプター宇宙戦闘に参加していたが、戦争の終盤に新型のイータ2アクティス級軽インターセプターに乗り換えた。デルタ7Bのときと同じく、アストロメク・ドロイドR2-D2がイータ2でも操縦のアシスタントを務めた。19 BBY、スカイウォーカーはイータ2に乗り込み、同型機を操縦するパダワンアソーカ・タノとともにケイト・ニモーディアの防衛戦に参加する。戦闘中、スカイウォーカーはディスコード・ミサイルに被弾し、大量のバズ・ドロイドに取りつかれてしまった。イータ2は深刻な損傷を負って墜落したが、スカイウォーカーはタノによって命を救われた。

コルサントの戦いまでに機体を修理し終えたスカイウォーカーは、同型機に乗るオビ=ワン・ケノービとともに、最高議長シーヴ・パルパティーンの救出任務に出撃した。パルパティーンが監禁されているグリーヴァス旗艦、<インヴィジブル・ハンド>へ向かう途中、R2-D2はまたしてもイータ2に群がって来たバズ・ドロイドを撃退する。その後、スカイウォーカーとケノービはイータ2で<ハンド>の格納庫に潜り込み、最高議長の救出に成功する。しかし、格納庫に取り残された彼らの戦闘機は、<ハンド>がコルサント大気圏に落下した際に道連れとなって破壊された。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。