Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「R2、ファイターの用意を」
R2-D2に対し、アナキン・スカイウォーカー[出典]

クローン戦争中、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカー黄色に塗装されたデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターに乗り込み、独立星系連合と戦った。戦争中、この戦闘機は何度か破壊されたがそのたび修復され、戦場へ舞い戻った。戦争終盤、スカイウォーカーはデルタ7Bからイータ2アクティス級軽インターセプターに乗り換えた。

特徴

Skywalker's Delta-7B

輸送リングと接続したデルタ7B

ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカークローン戦争で搭乗したクワット・システムズ・エンジニアリング社デルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプターは、彼がのちに搭乗するイータ2インターセプターと同様、灰と黄色で塗装されていた。他のデルタ7Bと同じく、このスターファイターも4門のレーザー砲で武装し、コックピットの前にアストロメク・ドロイド収容ソケットが配置されていた。デルタ7Bはハイパードライブを搭載していなかったため、ハイパースペース航行時には輸送リングを使用した。スカイウォーカーの輸送リングには、機体と同じカラーリングが施されていた。

歴史

クローン戦争中、アナキン・スカイウォーカーはアストロメク・ドロイドR2-D2とともにこのスターファイターに乗り込み、数多くの戦いに参加した。22 BBY、スカイウォーカーのデルタ7Bは、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービデルタ7Bと並んでクリストフシス戦いに参加する。

Anakins Delta-7B wreckage

ボサウイで損傷を負ったデルタ7B

スカイウォーカーはデルタ7Bに乗ってゴールド中隊の“ゴールド・リーダー”を担当することがあった。ボサウイ上空における戦闘では、クローン・パイロットV-19トレント・スターファイターから成るゴールド中隊をデルタ7Bで先導し、独立星系連合ミュニファスント級スター・フリゲートと交戦した。スカイウォーカーはこの戦いを勝利へ導いたが、グリーヴァス将軍ベルブラブ22スターファイターソウルレス・ワン>を追撃した際に機体トラブルに陥り、深刻なダメージを負ってしまう。スカイウォーカーは気絶していたところをクローン・キャプテンレックスに救出されたが、R2-D2は行方不明となった。R2-D2は機体が破損した際に巻き添えになったのではないかと疑われたが、実はトランドーシャン廃品回収業者ガー・ナクトに連れ去られていた。

スカイウォーカーのデルタ7Bはすぐに修復され、R2-D2が見つかるまでのあいだ、R3-S6が一時的に補佐役を務めることになった。しかし、グリーヴァスが放った分離主義勢力のスパイだったR3-S6は、ミスに見せかけてスカイウォーカーの偵察任務を妨害した。彼はR3-S6のせいでグリーヴァスの罠にはまり、大量のヴァルチャー・ドロイドに追い詰められたが、アソーカ・タノの乗る<トワイライト>に窮地を救われる。その後、R2-D2はスカイトップ・ステーションにおける戦いでR3-S6を倒し、スカイウォーカーのもとへ戻った。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

19 BBY頃、スカイウォーカーは新型のイータ2アクティス級軽インターセプターに乗り込むようになった。

登場エピソード

Jedistarfighter detail

スカイウォーカーのデルタ7B

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。