「セントリストの政治家の自警団員のような行動により、オーガナ議員の命が危険にさらされた。われわれは、それを無視するよう求められているのですかな? これほど軽率な転向者に、重要な調査を任せられるものでしょうか?」
―アニブ・ネイ[出典]

アニブ・ネイ(Anib Ney)はサラスタン男性で、新共和国銀河元老院惑星サラストを代表した元老院議員である。ポピュリスト派閥に属していた。28 ABYレイア・オーガナランソム・カスタルフォ議員がバスタサにおける調査任務の結果を元老院で報告した際、ネイはセントリスト派閥に属すカスタルフォ議員のせいでレイアの命が危険にさらされたことを批判した。しかしセントリストのモータン議員がネイに反論し、派閥間の無意味な言い争いが始まった。[1]

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。