Fandom


アパイラナ(Apailana)は銀河共和国時代の末期に惑星ナブー女王を務めた人間女性である。クローン戦争の終盤にニーユートニーの後を継いで女王となったアパイラナは、ナブーの歴史上最年少の君主の1人だった。

経歴

アパイラナは銀河共和国時代の末期にミッド・リム惑星ナブーに生まれた。クローン戦争の末期、当時わずか12歳だったアパイラナは、かつて女王だったこともあるパドメ・アミダラ元老院議員の応援を受け、ニーユートニーの後継者として歴代最年少のナブーの君主となった。

19 BBY、アパイラナは首都シードで開かれたアミダラ議員の葬儀に参列する。銀河帝国の公式見解では、アミダラは謀反を起こしたジェダイによって暗殺されたことになっていたが、アパイラナはそれを信じていなかった。

個性と特徴

アパイラナは人間の女性で、身長は1.57メートルだった。彼女は若くして女王となったが、ナブー市民が君主に求める素質を備えていた。清い心の持ち主だったアパイラナは、ナブーの平和を守るため献身的な治世を行った。

パドメ・アミダラの葬儀に参列した際、彼女はナブー王室の古い習慣である白い化粧をして、サーリンケープレットチャーシルクの服喪ローブをまとっていた。アパイラナがアミダラに敬意を表すため身に着けていた扇形の頭飾りからは、ヴェーダ真珠の装飾がぶら下がっていた。

登場エピソード

Bibblemourning

アミダラの葬儀に参列するアパイラナ

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。