Fandom


アビシン(Abyssin)は緑色の肌を持つ一つ目のヒューマノイド知覚種族。髪は白や緑で、手の平には爪のある4本の指が生えていた。アビシンの瞳は黒く切れ長だった。

歴史

クローン戦争中、ジャッカー・ボウマーニという名のアビシンが惑星コルサントジェダイ・テンプルで働いていた。テンプルの従業員になるには厳しい基準をクリアする必要があったが、ジェダイのために働きたいと夢見ていたボウマーニは、全てのテストに合格した。戦争の終盤、ボウマーニの妻レッタ・ターモンドは夫の体にナノ=ドロイド爆弾を仕掛け、ジェダイ・テンプルの格納庫爆破に利用した。当初、ジェダイはボウマーニを犯人と疑った。

帝国時代アウター・リム・テリトリーの惑星タトゥイーンにアビシンの男性が滞在していた。ヤヴィンの戦いの直前、ルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンのカンティーナハン・ソロチューバッカと出会った日、彼も同じ店内にいた。

登場エピソード

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。