Fandom


アラシェル・サー(Arashell Sar)は人間女性で、34 ABY惑星カントニカカジノ都市カント・バイトにあるファジアーの厩舎で働かされていた少女である。アラシェルはギャンブルに大負けした人々がカントニカに置いていった少年少女の1人で、同じ境遇のテミリ・ブラッグオニホ・ザヤと一緒に無愛想な飼育係バーグウィル・トンダーのもとでファジアーの世話をしていた。[2] フィンローズ・ティコが厩舎のファジアーを全て解放する事件が起きた後、アラシェルとテミリはオニホが語るジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーの物語に耳を傾けた。[1]

制作の舞台裏

アラシェル・サーは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。映画と同日に発売された設定資料集『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)で名前が明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。