Fandom


「ここはアラトゥ・ステーションだ。コン・スター鉱業会社のユニフォームを作っていた。会社がここに造られたのは、水が理由だ。大きな泉があって、昔は川も流れていた。いまもここには生地を作る機械がある。どこまでも続く長い生地だ。砂をどさっと機械に入れれば、一日中生地を織る。しかし食べ物は作れない。時間を早く進めることもできない」
ヴロド[出典]

アラトゥ・ステーション(Arratu Station)はコン・スター鉱業会社惑星パナソスに設立した織物工場である。コン・スターの活動が活発だった頃は、ここで従業員の制服が製造されていた。惑星が反応炉の事故で荒廃した後は“アラトゥ”が支配する都市となったが、食べ物を作る機械が無いため人々は過酷な環境で生活した。

歴史

反応炉事故を起こしたコン・スター鉱業会社がパナソスから撤退した後、住民の文明レベルは退化し、アラトゥ・ステーションは“アラトゥ”と呼ばれる専制君主によって支配される都市となった。アラトゥはステーションのアリーナで闘技会を開催し、住民たちに娯楽を提供することで支配者としての地位を保った。[1]

34 ABY以前、サイア一族のメンバーとファースト・オーダーブレンドル・ハックス将軍がアラトゥの部下に捕まり、ステーションに連れてこられた。サイアの戦士ファズマはアリーナで剣闘士ランデラスを倒し、民衆の前でアラトゥを殺害した。ファズマは新しいアラトゥの地位を手に入れたが、ハックスとの旅を続けるためアラトゥ・ステーションを捨てて去っていった。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。