Fandom


アリーズ・ハドラシアン(Arliz Hadrassian)は人間女性で、アマクシン戦士団の指導者。ジャクーの戦い以前、ハドラシアンは銀河帝国に仕える軍人だった。彼女はもともと帝国宇宙軍所属のTIEファイター・パイロットだったが、のちに帝国保安局に配置換えされ、惑星ケッセルケレヴ・ドイ周辺でスパイス密輸業者の討伐任務に参加した。また、ハドラシアンの兄は皇帝パルパティーンに仕えるロイヤル・ガードだった。[1]

帝国が惑星ジャクーで敗北し、反乱同盟軍新共和国へ生まれ変わった後、ハドラシアンは小規模なビジネスを手掛けながらアマクシン戦士団と呼ばれる非正規軍隊を指揮するようになった。エンドアの戦いの24年後、彼女はファースト・オーダーを支持するセントリストカリース・シンディアン元老院議員に力を貸し、新共和国元老院会議ビルナプキン爆破を起こした。その後、ハドラシアンはポピュリストタイ=リン・ガー議員を暗殺した際に自ら命を絶った。[1]

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。