Fandom


「惑星アルサカンがコルサントに代わって銀河の正当な中心地になろうとしたことから内乱が勃発し、共和国の急成長は終わりを告げる。経済的および政治的な争いが銃弾の応酬になったのだ」
ヴォレン・ナル[出典]

アルサカン紛争[1](Alsakan Conflicts)は、17,000 BBYから3017 BBYまで続いた、惑星コルサントアルサカンの間の17回に及ぶ暴動の総称である。アルサカン紛争は、共和国が急成長を遂げたグレート・マニフェスト時代に終止符を打った。コルサントは、銀河系首都の座を得ようとするアルサカンに辛勝したが、この一連の争いの真の勝者は、中立を保ち続けて影響力の拡大に成功した惑星コレリアだとされている。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 訳語は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
アルサカン紛争
第一次 · 第二次 · 第三次 · 第四次 · 第五次
第六次 · 第七次 · 第十次 · 第十七次
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。