Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「惑星アルサカン[1] がコルサントに代わって銀河の正当な中心地になろうとしたことから内乱が勃発し、共和国の急成長は終わりを告げる。経済的および政治的な争いが銃弾の応酬になったのだ」
アルサカン紛争について、ヴォレン・ナル[出典]

アルサカン(Alsakan)は、コア・ワールドアルサカ宙域アルサカン星系に属し、パーレミアン・トレード・ルート上に位置した惑星である。26,000 BBYコルサントからやってきた人間によって植民されたアルサカンは、銀河共和国の設立メンバー、コア創始者のひとつとなった。17,000 BBY、この惑星が銀河系の覇権を狙ったことでアルサカン紛争が始まり、共和国の急成長の時代が終わるきっかけとなった。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではアルセイカン、『スター・ウォーズ 全史』ではアルサカン、『スター・ウォーズ キャラクター事典』ではアルサカンと表記されている。

参考資料

脚注

  1. 原表記はアルサカン
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。