Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

アウター・リム・テリトリー惑星アルピンには、考古学的な調査を目的としたキャンプが常設されていた。シーヴ・パルパティーン最高議長の座につくまでの間、アルピンの考古学チームは銀河共和国から資金援助を受けており、キャンプにはプレハブ施設、風力タービン、塩分除去施設、小型の研究センターといった設備が充実していた。帝国時代ライラ・アーソナリ・セーブルはアルピンにカイバー・クリスタルが存在するかどうか確かめるため、このキャンプを訪れた。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。