Fandom


アルリック・レン(Alrich Wren)は人間男性で、レン氏族を率いるアーサ・レン女伯爵の夫である。レン氏族がマンダロリアン社会の中で力を持ち、尊敬を集める家柄であることから、アルリックはアーサと結婚した際に彼女の姓を使うことに決めた。2人のあいだにはトリスタンという名の息子と、サビーヌという名の娘がいた。アルリックは妻や子どもたちと違って戦士ではなくアーティストであり、娘のサビーヌには彼の芸術的才能が受け継がれていた。サビーヌがマンダロア帝国アカデミーから逃亡した後、アルリックは銀河帝国の支配下にある惑星マンダロアの政府によって拘束された。帝国の代理人としてマンダロアを支配するガー・サクソン総督は、クローネストに拠点を置くレン氏族が帝国に歯向かうことのないようアルリックを人質にしたのである。

2 BBY、サビーヌはクローネストにおける戦いでガー・サクソンを倒し、両氏族の間に内戦が始まった。1 BBY、レン氏族がアルリックを救出するためマンダロアに潜入すると、新総督のタイバー・サクソンは見せしめのためアルリックを処刑することに決めた。しかしサビーヌとその仲間たちはアルリックを乗せて首都サンダーリへ向かう帝国軍兵員輸送機部隊に攻撃を仕掛ける。アルリックはジェダイエズラ・ブリッジャーによって救出され、無事に子どもたちや妻と再会を果たした。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。