Fandom


「ジャバ様とアロク様はズィロを脱獄させる必要性を話し合っておられます。ズィロは明らかに危険な情報を握っています。ハット族を危機に陥れる非常に危険な情報です」
TC-70[出典]

アロク(Arok)はハット男性で、ハット大評議会メンバー。怒りっぽい性格で、左上腕部にカジディクのシンボルマークを入れていた。クローン戦争期、アロクはジャバゴーガオルバマーロと並ぶ5大カジディクの代表者だった。

経歴

HuttGrandCouncil-EP

ズィロ脱獄計画について会議するアロクたち

アロクは銀河系で最大の犯罪組織を支配するハット種族のメンバーとして生まれた。やがて彼は1つのカジディクを指揮する長老にのし上がり、ハットの母星ナル・ハッタで開かれるハット大評議会のメンバーとなった。クローン戦争期、アロクのほかにジャバ・デシリジク・ティウレゴーガ・デシリジク・アーポオルバマーロが評議会に所属し、ガーデュラ・ベサディ・ジ・エルダーがジャバの代理を担当することもあった。ズィロ・ザ・ハットが銀河共和国に逮捕された時、アロクたちは評議会の犯罪記録を握るズィロを共和国の刑務所に入れておくのは危険と判断し、賞金稼ぎキャド・ベインを雇って彼を脱獄させた。

ナル・ハッタの宮殿に引き立てられたズィロは、秘密を記録したホロダイアリーを隠している限り自分は安全だと高をくくっていた。アロクは記録を渡さなければ殺すと脅迫したが、ズィロは自分が死ねば記録は共和国元老院の手にわたるだろうと答えた。評議会は止むを得ず現状維持の道を選び、ズィロを宮殿内の刑務所に閉じこめた。しかしジャバは他の評議員には秘密で計画を進め、記録の隠し場所を探るためミュージシャンサイ・スヌートルズを雇ってズィロを逃がした。その後ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービクインラン・ヴォス会議室を訪れたが、アロクたちはズィロの居場所についてしらを切った。のちにスヌートルズは惑星テスで評議会の犯罪を記録したホロダイアリーを手に入れ、ズィロを暗殺した。

シス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスデス・ウォッチの首領プレ・ヴィズラがナル・ハッタの宮殿を訪れた時、アロク、マーロ、オルバが会議室で彼らを出迎えた(ゴーガとジャバはホログラムで話し合いに参加した)。モールはハット・クランを犯罪同盟“シャドウ・コレクティヴ”に引き込もうと考えていたが、評議会は要求を一蹴し、賞金稼ぎに命じて彼らを追い出そうとした。しかしハットの手下たちはマンダロリアンの戦力に敵わず、宮殿はあっという間に制圧されてしまった。アロクとマーロは宮殿から脱出したが、オルバはシスの手にかかって殺されてしまった。

その後、アロクはゴーガと共に惑星オバ・ダイアにあるパイク・シンジケート要塞に招待された。ジェダイアナキン・スカイウォーカーとケノービが要塞を訪れ、パイクの首領ロムシルマンの居場所を尋ねた時、アロクもその場に居合わせた。

登場エピソード

Arok's clan

アロクのカジディクの紋章

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。