Fandom


アンクス(Anx)は頭部のとさかが特徴的な長身の知覚種族銀河共和国の後期、アンクスのホロックス・ライダー元老院議員銀河元老院レオバロ宙域を代表していた。ナブー危機のさなか、モス・エスパ・グランド・アリーナでアンクスのグラクソル・ケルヴィーンブーンタ・イヴ・クラシックを観戦していた。また、クローン戦争期のジェダイソングラ・ジャーはアンクス種族だった。

生態と特徴

アンクスは極めて背が高い、爬虫類知覚種族である。アンクスはその刃のような頭部で容易に見分けることができ、頭頂部のとさかは、気分によってが変わった。[2] アンクスの肌の色は黄色や青灰色などがあった。[1][3] 彼らは猫背で、母星である惑星グラヴレックス・メド重力が標準よりも高いことから、大気の影響で声が低かった。彼らは深く、ゴロゴロ鳴るような声を発し[2]シュスゴーント語で会話した。[5]

歴史

アンクスはナブー危機以前に銀河共和国の一員となっていた。[1] 32 BBY当時[7]、アンクスのホロックス・ライダー銀河元老院レオバロ宙域代表の元老院議員を務めた。[8] ライダーの元老院でのキャリアは50以上にもわたった。[9]

銀河系におけるアンクス

銀河共和国ジェダイ・オーダーの時代、アンクスはすでに銀河系でよく知られた種族になっていた。フォース感応能力を持つアンクスは稀ではあったが、ジェダイの一員となるアンクスもいた。[2] ソングラ・ジャーはその1人で、クローン戦争期にオーダーに仕えた。[6]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。