Fandom


「あたしたちはココ・タウンのアンクルバイター・ブリゲードよ。これってすごいことだわ」
「すごいどころか、何の役にも立たないね。僕たちが何をしたか、誰も知らないんだから。下水道に隠れてバケツ頭や帝国の連中とやりあった孤児を気にかけてくれるとでも思ってるのかい? 念のために言うけど、ここはコルサントじゃないんだよ。コルサントでも同じことだ」
ストリークスイッグズ[出典]

アンクルバイター・ブリゲード(Anklebiter Brigade)は銀河内戦中に惑星コルサントで活動した少年少女たちによる反乱分子である。彼らは銀河帝国の軍事情報を反乱同盟に流したり、ときには自らストームトルーパーと戦うこともあった。一般的にココ・タウンの奪回は同盟軍の手柄とされていたが、実際はアンクルバイターが果たした役割が大きかった。[1] 5 ABYに発生したジャクーの戦いのさなか、アンクルバイターはインペリアル・パレスで軟禁状態にあったマス・アミダ大宰相を救出する。その後アミダは新共和国との和平協定締結に応じ、銀河協定が成立した。[2]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。