Fandom


「昨日、アンサン13に行かれましたね」
サノス[出典]

アンサン13(Anthan 13)はアウター・リム・テリトリー惑星アンサン・プライム軌道を周回する衛星の1つ。アンサン・プライムと同様に青白い光を放ち、地表の粉塵がわずかにイオン化していた。

歴史

ヤヴィンの戦いの直後、シス卿ダース・ヴェイダーの手先として活動していたドクターチェリ・ローナ・アフラは、賞金稼ぎボスクビーボックスIG-90ブラック・クルルサンタンを雇い、帝国軍軽クルーザーを襲撃してソン=トゥール・プライドの財宝を強奪した。アフラは作戦が計画通りに進まなかったように装い、手に入れた財宝の大部分をアンサン13に隠した。3人の賞金稼ぎに少額の分け前を与えた後、アフラは共謀者のクルルサンタンにだけ5倍の報酬を払った。皇帝パルパティーンにも秘密で独自の軍隊を築き上げていたヴェイダーは、アフラが手に入れた財宝を活動資金に充てた。翌日、カシオ・タッグ大将軍の命令でヴェイダーの監視役となったサノス監査官は、シス卿の装甲にイオンが付着していることに気づき、彼がアンサン13を訪れていたことを見破った。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。