Fandom


「船長、あれを!」
「シールド起動!」
―アンティダー・ウィリアムズとマオイ・マダカー[出典]

アンティダー・ウィリアムズ(Antidar Williams)は銀河共和国時代の末期にジュディシアル・フォースに仕えた人間男性である。32 BBYトレード・フェデレーションミッド・リム惑星ナブー封鎖する事件が起きた際、ウィリアムズはマオイ・マダカー艦長とともにカンセラー級スペース・クルーザーラディアントVII>を操縦し、ジェダイ特使であるクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービナブー星系へ運んだ。フェデレーションのスターシップサーカク>にドッキングしてジェダイを降ろした後、ウィリアムズとマダカーはクルーザーコックピットで交渉が終わるのを待った。しかし、始めから交渉する気などなかったフェデレーションは、ハンガーに備え付けのドロイド・レーザー・タレットで<ラディアントVII>を攻撃し、乗員もろとも破壊してしまった。

経歴

「議長がやつらを寄越したのは間違いだった。すぐに始末しろ」
「は、はい。仰せのとおりに」
―ダース・シディアスとヌート・ガンレイ[出典]
Radiant Cockpit

<ラディアントVII>を操縦するウィリアムズ

人間男性[2]、アンティダー・ウィリアムズ[3]銀河共和国ジュディシアル・フォースに仕え、パイロットを務めていた。[2] 32 BBY[1]トレード・フェデレーションミッド・リム惑星ナブーを封鎖する事件が起きた。フィニス・ヴァローラム最高議長特使として、ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンパダワンオビ=ワン・ケノービナブー星系へ派遣されることになり、ウィリアムズはカンセラー級スペース・クルーザーラディアントVII>の[2] マオイ・マダカー[4] 艦長の副操縦士として、特使を目的地まで運ぶ役目を任された。[2]

ナブー軌道の封鎖線に到着すると、<ラディアントVII>は[2] トレード・フェデレーションのルクレハルク級LH-3210貨物船サーカク[5]ハンガー・ベイにドッキングした。ジェダイたちがクルーザーを降り、トレード・フェデレーションのヴァイスロイヌート・ガンレイとの交渉に向かうあいだも、ウィリアムズとマダカーはコックピットで特使の帰艦を待った。一方、ガンレイは一連の事件の黒幕であるシスの暗黒卿ダース・シディアスに連絡を取り、ジェダイにどう対処すべきか指示を仰いだ。シディアスはこのニモーディアンヴァイスロイに、共和国の代表団を始末するよう命じた。[2]

Radiant VII destruction

破壊された<ラディアントVII>

ガンレイの指示のもと、ハンガー・ベイの天井に備え付けられたドロイド・レーザー・タレットが起動し、<ラディアントVII>に向けて砲撃を開始した。ウィリアムズはタレットが動いたのを見てマダカー艦長に警告を発し、クルーザーの偏向シールドを起動するよう命じられた。しかし彼らの対応は間に合わず、<ラディアントVII>はレーザーで破壊され、乗員も犠牲となった。その後、ジェダイは無事に<サーカク>から脱出し、最終的にナブーをフェデレーションの侵略から解放することに成功した。[2]

個性と特徴

アンティダー・ウィリアムズは白人種の人間男性で、は黒、は茶色だった。[2]

装備

<ラディアントVII>に乗り込んだ際、ウィリアムズは青いジュディシアル・フォースの制服を着用していた。[2]

制作の舞台裏

配役

アンティダー・ウィリアムズは1999年公開のプリクエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のために制作されたキャラクターである。役者はサイラス・カーソン。カーソンはもともと、もう少し重要な役回りの、別のパイロット役でオーディションを受けていたが、この役自体が映画からカットされてしまった。しかしキャスティング監督のロビン・ガーランドはカーソンとの面談で好印象を受けており、ジョージ・ルーカス監督に彼のことを伝えた。ルーカスの判断により、カーソンはアニマティクスの段階で制作に携わることになり、ジェダイ・マスターのキ=アディ=ムンディ役を与えられた。

のちにカーソンはニモーディアンのヌート・ガンレイと、ロット・ドッド元老院議員の役も与えられた。ムンディも含め、いずれも顔を覆うコスチュームを身に着けて演じる役だった。カーソンはガーランドに、できれば実際に顔を出して映画に登場したい意向を伝え、本来のパイロット役を得ることになった。<ラディアントVII>のコックピットのシーンは、すべて1997年9月8日に撮影された。

命名

スター・ウォーズ レジェンズの媒体を含めると、このキャラクターの初登場作品は映画公開前に発売された『ファントム・メナス』の小説版テリー・ブルックス著)である。2001年に、スターウォーズ コレクションカードゲームの「Coruscant Limited」拡張セットで初めて「ウィリアムズ」という名前が与えられた。ファーストネームの「アンティダー」は、公式サイト StarWars.com で行われた企画 "What's The Story?" の中で、ファンのイアン・タプリー(Ian Tapley)によって命名された。タプリーは当初、自分の名前やニックネームのアナグラムをキャラクターのファーストネームに使おうと考えていたが、満足の行く結果が得られなかったため、ウィリアムズのスターシップの綴り Radiant を並び替えて Antidar という名前を作った。

正史媒体では、モバイル・アプリ『スター・ウォーズ フォース コレクション』で初めてキャラクター名が紹介された。このゲームのサービスが開始したのは2013年で、正史設定の改変が行われた2014年よりも前ではあるが、ルーカスフィルム ストーリー・グループリーランド・チーは、本作のコンテンツは正史に合わせてアップデートされていると Twitter で発言している。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。