Fandom


アンディキュア級ジャンプスピーダー(Undicur-class jumpspeeder)、別名ジェダイ・ジャンプスピーダー(Jedi jumpspeeder)は銀河共和国末期から帝国時代にかけて使用されたクワット・ビークルズ社製のスピーダー・バイク

特徴

クワット・ビークルズ社が開発したアンディキュア級ジャンプスピーダーは全長1.84メートルの1人乗りスピーダー・バイクである。非常時用の乗り物として設計され、コンパクトに折りたたむことが可能だった。ジェダイ・オーダー所有のアンディキュア級ジャンプスピーダーは他の共和国グランド・アーミーの乗り物と同じく赤と白の塗装を施されていた。

歴史

アンディキュア級ジャンプスピーダーはもともとジェダイや軍事パトロール部隊が使う非常時用の乗り物として設計されたが、クローン戦争の終わりごろには民間にも普及していた。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノ大使用シャトルにジャンプスピーダーを積み込み、モーティスの任務で使用した。

帝国時代、<ゴースト>のクルーとして反乱運動に参加していたマンダロリアンの少女サビーヌ・レンは、任務の中でしばしばジャンプスピーダーを使用した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。