Fandom


アンドリサル・ロブ=ヴォティ(Andrithal Robb-Voti)は人間女性で、冷戦の時代に新共和国銀河元老院惑星タリスを代表した元老院議員

経歴

エンドアの戦いの30標準年後、ロブ=ヴォティは新共和国首都が置かれていた惑星ホズニアン・プライムに滞在した。彼女と他の元老院議員たちは、ファースト・オーダー超兵器スターキラー基地ホズニアン星系破壊した際に命を落とした。

個性と特徴

アンドリサル・ロブ=ヴォティは人間女性で、肌のは黒かった。彼女がホズニアン・プライム滞在中に着用したローブの色は、タリスで行政を象徴する紫色だった。

制作の舞台裏

アンドリサル・ロブ=ヴォティは2015年12月18日公開のシークエル・トリロジー映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のために制作されたキャラクターである。映画本編に登場していないが、同作の設定資料集『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)に情報が収録されている。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。