Fandom


「アーキットに軍があるなんて聞いてないぞ」
サポンザ[出典]

アーキット(Er'Kit)はアウター・リム・テリトリーにある同名の惑星出身のヒューマノイド知覚種族である。青灰の肌に細長い頭部、やせ細った手足が特徴。ポッドレーサーオディ・マンドレルや、銀河共和国元老院議員ダンリー・レッドウェローがこの種。

生態と特徴

アーキットは青灰の肌を持つヒューマノイド知覚種族で、大きく細長い頭部と、ひょろ長い[3]、左右に垂れたを備えた。[5] 彼らは故郷である惑星アーキット砂漠の環境に適応していた。[3]

歴史

「レッドウェローはアーキットの人々に多大な苦しみを与えた」
ダイロ・フェルドア[出典]
Dyro erkit

アーキットの民

アーキット種族は政治的スキャンダルや奴隷売買、暴力的な義勇軍で知られる惑星に起源を持ち、その歴史は陰惨だった。[3] クローン戦争以前、ダンリー・レッドウェロー銀河元老院で惑星アーキットの代表議員を務めていた。当時、レッドウェロー議員は大量のヘイルファイア級ドロイド・タンクを密かに入手していた。また、議員はサラシアンから賄賂を受け取り、惑星アーキットにおける奴隷売買を見逃した。最終的にレッドウェローは収賄が発覚して逮捕されたが、アーキットの民衆はクローン戦争以前から銀河帝国の時代までサラシアンの奴隷商人に苦しめられ続けた。[5]

帝国時代血の夜明けと呼ばれるサラシアンのグループが台頭した。彼らはかつてレッドウェロー議員が購入したヘイルファイア・ドロイドを戦力として利用していた。アーキットの民の代弁者を務めるダイロ・フェルドアは、故郷の奴隷売買に終止符を打つため、傭兵サポンザとその相棒の力を借りた。間もなく血の夜明けは討伐されたが、クローン戦争以前から惑星を苦しめていた奴隷売買組織が消滅したことにより、アーキットには権力の空白が生じた。フェルドアは権力を求めて策を弄し、帝国と反乱同盟軍を自らの目的のために利用しようとした。彼は最終的にかつての協力者であるサポンザのギャング団とも対立することになった。[5]

銀河系におけるアーキット

Databank Mandrell

オディ・マンドレル

アーキットは砂漠に適応していたため、タトゥイーンといった砂漠の惑星で彼らの姿をよく見かけることができた。ダンリー・レッドウェローと並ぶ著名なアーキットの1人として、ポッドレーサーオディ・マンドレルが挙げられる。[3] スリルを追い求める無鉄砲なレーサーだったマンドレルは、アナキン・スカイウォーカー少年が自由を手に入れたブーンタ・イヴ・クラシックの運命的なポッドレースに出場したが、エンジン・トラブルに見舞われて記録を出せずに終わった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。