Fandom


アーク・ルース(Ark Roose)、通称バンピー(Bumpy)はヌクノグ種族男性で、銀河共和国時代の後期に活動したポッドレーサーパイロットである。32 BBY、ルースは惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに出場したが、完走することができず脱落した。

経歴

Ark Roose Waving like a Champ

アーク・ルース

アーク・“バンピー”・ルースは惑星サンプ出身のヌクノグ[1]銀河共和国時代の後期にポッドレーサーパイロットとして活動した。[3] ルースのレース機はヴォコフ=ストルード社製のプラグ8G 927クラスター・アレイで、極めて巨大なマシンだった。[2] 32 BBY、ルースはアウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに出場する。[3] ルースは3周目まで持ちこたえたものの、コース上のザ・コイルと呼ばれる地帯でダッド・ボルトと衝突し、あえなく脱落となった。[1]

制作の舞台裏

アーク・ルースは1999年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場するキャラクターである。初登場作品は同作の小説版テリー・ブルックス著)。映画製作時にこのキャラクターの精巧な彫像が作られたが、劇中では低解像度のデジタル・モデルとして遠写しで登場するのみである。キャラクターの基本モデルは『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』に登場するスライザー・ブッシュフォーブやヌクノグのモブ数名に再利用されている。『ファントム・メナス』のDVD版では、クローズアップのショット用にさらに鮮明なアーク・ルースのデジタル・モデルが制作された。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。