Fandom


アーコス・ファーダム(Urcos Furdam)は人間男性で、レジスタンスに仕えたパイロットである。オルデラニアンを祖先に持つファーダムだったが、本人はオルデラン破壊された後に生まれたため、実際に行ったことはなかった。35 ABY当時、ファーダムはCR90コルベットタナヴィーIV>に乗り込み、ナイン・ナンの副操縦士を務めていた。また彼は、元プリンセスレイア・オーガナ将軍にいまだ王室として敬意を払っていた。[2]

制作の舞台裏

アーコス・ファーダムは2019年12月20日公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[3] またキャラクター名はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で判明した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け 小説版で、<タナヴィーIV>がエクセゴルの戦いで破壊された際に乗員も命を落としたと説明されている。ファーダムは映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で<タナヴィーIV>に乗員として搭乗しており、小説版の記述と合わせ、エクセゴルで戦死したと判断できる。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション
  3. 3.0 3.1 3.2 スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。