Fandom


アーサ・レン(Ursa Wren)は人間女性で、マンダロリアンレン氏族を率いた女伯爵である。アルリック・レンの妻で、トリスタンサビーヌ・レンの母親。アーサはクローン戦争期に惑星マンダロア占領したマンダロリアンの過激派閥、デス・ウォッチのメンバーだった。戦争が終結し、マンダロアが銀河帝国の支配下に入った後、アーサの娘サビーヌはこの惑星の帝国アカデミーに入学する。しかし彼女は最終的にアカデミーから逃亡し、レン氏族の名誉を傷つけた。

アーサの娘がとった行動のせいで、レン氏族は他の派閥から疑いの目を向けられることになった。マンダロアのガー・サクソン総督はレン氏族に協力体制を強いるためアーサの夫を人質に取り、トリスタンを無理やりインペリアル・スーパー・コマンドーに加えた。アーサはサビーヌの身を守るためにあえて彼女の行方を捜さないことに決め、表向きには銀河帝国や“皇帝の手”であるサクソンに忠誠を誓った。2 BBY、アーサは反乱分子のメンバーとして活動していたサビーヌと再会する。彼女は家族に反乱運動への協力を求め、惑星クローネストにある拠点にやって来た。

サクソンや帝国と敵対することを恐れていたアーサは、サビーヌや彼女の仲間のケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーらに冷淡な態度をとった。アーサの現実主義的な考え方は、理想主義者のサビーヌの反感を買った。せめて娘だけでも救おうと考えたアーサは、サビーヌの持っていたダークセーバーをサクソンに差し出すことにした。しかし、レン氏族の拠点にやってきたサクソンはアーサの申し出をはねつけ、彼女の氏族全体を反逆者として処刑することに決めた。レン氏族は反乱者のジェダイジャーニーマン・プロテクターフェン・ラウの加勢を得て、サクソンの部下たちを破る。サビーンは一対一の決闘でサクソンを倒したが、彼の命までは奪わなかった。しかし、サクソンが背後からサビーヌを撃ち殺そうとしたため、アーサは不名誉な総督を射殺した。その後、アーサとその一族はマンダロリアンの民を統一するため立ち上がることになった。

経歴

生い立ち

クローン戦争中、アーサ・レンはデス・ウォッチと呼ばれるマンダロリアン戦士の過激派グループに所属していた。当時、デス・ウォッチは母星マンダロアを支配する平和主義政権、新マンダロリアン政府に対して反旗を翻していた。アーサには夫アルリックとのあいだにトリスタンという名の息子がおり、戦争勃発から1年が過ぎた21 BBYには娘のサビーヌも生まれた。戦争2年目、デス・ウォッチはシス卿ダース・モールや犯罪同盟シャドウ・コレクティヴの助けを借りて新マンダロリアンを倒し、マンダロアの占領に成功する。その直後、モールは一対一の決闘でプレ・ヴィズラを殺し、デス・ウォッチの指導者の座を奪い取った。戦争の終盤、マンダロアは銀河共和国によって包囲されたが、戦争終結に伴って共和国が銀河帝国へと再編され、帝国が新たなマンダロアの支配者となった。アーサの娘サビーヌはマンダロア帝国アカデミーに入学したが、自分が設計に携わった兵器がマンダロリアンの民衆に対して使われたことにショックを受け、アカデミーから逃亡した。サビーヌはしばらく賞金稼ぎとして活動したのち、惑星ロザルに拠点を置く反乱分子スペクターズの一員になった。サビーヌたちの反乱運動は急速に勢いを増していき、やがて大規模な反乱ネットワークへ成長する。一方、アーサは氏族の指導者としてマンダロア宙域の惑星クローネストに留まり、マンダロアの総督兼“皇帝の手”であるガー・サクソンから娘の身を守るため、あえて彼女の行方を捜さなかった。

サビーヌの帰還

Ursa and Sabine on Krownest

サビーヌとの再会

2 BBY、マンダロリアン戦士を集めてロザルで帝国と戦うため、サビーヌが反乱者の仲間エズラ・ブリッジャーケイナン・ジャラスジャーニーマン・プロテクターフェン・ラウを連れてクローネストに戻ってきた。サビーヌは古来よりマンダロリアンの指導者の象徴であるダークセーバーダソミアで手に入れていた。しかしレン氏族はサビーヌの予想通り反乱者のシーシピード級シャトルファントムII>を手荒く歓迎し、クローネストの森林に墜落させた。しかしトリスタンがサビーヌに気づいたため一触即発の事態は免れ、反乱者たちはレンの拠点へと案内される。久しぶりに対面した娘がダークセーバーを持っていることを知ると、アーサはジェダイのケイナンとエズラからライトセーバーを取り上げ、一行を建物の大広間へ入れた。

反乱者たちの要求を拒否した後、アーサはサビーヌと一対一で会話した。彼女はサビーヌの父親がマンダロアで帝国の人質になっていることを教え、レン氏族が反乱運動に加担することはできないと語った。また、アーサはフェン・ラウのプロテクターがサクソン総督によって滅ぼされたのも、帝国に反逆した者たちの正当な末路だと主張する。しかし、アーサとサビーヌには意見の相違こそあれど、マンダロアを救いたいという思いは変わらなかった。サビーヌは母親への信頼のあかしとして、ダークセーバーを彼女に差し出した。その後、サクソン総督から個人的な連絡を受けたアーサは、ジェダイやダークセーバーと引き換えに娘を見逃してもらう約束を取り付ける。サクソンとインペリアル・スーパー・コマンドー部隊がクローネストに到着すると、アーサは娘の抗議を無視してダークセーバーを差し出した。しかしサクソンはアーサとの約束を破り、反乱軍と共謀した罪でレン氏族全体を反逆者とみなした。

その直後、フェン・ラウがガラスの壁を破って大広間に姿を現し、アーサの部屋から回収したライトセーバーをケイナンとエズラに投げ渡した。アーサとレン氏族の戦士たちはジェダイやラウと協力してスーパー・コマンドーと銃撃戦を繰り広げる。戦闘中、サクソンはダークセーバーでアーサを切り殺そうとしたが、サビーヌがエズラから受け取ったライトセーバーで母親の命を救った。スーパー・コマンドーを撃退したレン氏族のメンバーとジェダイは、湖の上で繰り広げられたサビーヌとサクソンの決闘を見守った。サクソンは対決に敗れたが、戦いを終えて背を向けたサビーヌを後ろから殺そうとしたため、アーサがブラスターで彼を撃ち殺した。戦いが終わった後、アーサはクローネストに留まることになったサビーヌやラウとともに、マンダロアの新指導者探しを開始する。

個性と特徴

Ursa and Sabine Wren

娘からダークセーバーを受け取るアーサ

アーサ・レンは氏族の安定を第一に考える強い指導者だった。彼女は黒い髪と茶の目を持つ人間女性で、現実主義的な性格の持ち主だった。アーサはマンダロリアン・アーマーを身に着けてレン氏族を率いる女伯爵としての職務にあたっていた。帝国時代、アーサは氏族の平和を守りたいという考えから、銀河帝国やガー・サクソン総督の支配を甘んじて受け入れていた。アーサは帝国の統治下で発生した残虐行為に納得していなかったが、一族の安全のため、公にそれを非難することはなかった。彼女は娘のサビーヌがマンダロア帝国アカデミーから逃亡し、家族を危険にさらしたことに怒っていた。アーサの夫はサクソン総督の人質となり、息子のトリスタンはインペリアル・スーパー・コマンドーへの入隊を強制される。それ以来、アーサは長年にわたってサクソン総督や帝国に忠実な従者を演じ続けなければならなかった。

アーサはサビーヌも含めて家族全員を愛していたが、娘が反乱運動に参加したことを快く思わなかった。アーサは反乱運動に加担することでレン氏族が銀河帝国やガー・サクソンの怒りを買うことを恐れていたのである。アーサは娘を単純な理想主義者とみなし、彼女の自分本位な行動によって氏族が危険にさらされていると批判した。また、彼女はフェン・ラウやジャーニーマン・プロテクターのことも反逆者と一蹴した。しかしアーサの考え方は、政治や権力本位だと娘から非難を受けることになる。アーサは娘の身を守るためダークセーバーや娘の仲間をサクソンに差し出そうとしたが、サクソンが取り決めを破った後は、氏族を守るためスーパー・コマンドーと戦った。サクソンが娘を殺そうとした際、アーサは長年にわたって服従してきた総督を自ら射殺した。

アーサはサクソンに代わる新しい指導者が立ち上がるためには、マンダロアが混乱の時代を経験する必要があると考えていた。サクソンとの戦いの後、彼女はマンダロアの新統治者探しに力を貸すことに同意する。アーサはサビーヌの仲間である反乱者たちに大きな敬意を抱いたが、レン氏族やマンダロリアンはまだ反乱運動を援助できる立場にはないと考えていた。しかし娘の仲間が全滅の危機に瀕すると、とうとうアーサも派兵を認め、サビーヌにトリスタンやフェン・ラウをつけてアトロンへ向かわせる。彼女の決断のおかげで、フェニックス戦隊とマサッシ・グループの残存艦隊は全滅を免れて脱出することに成功した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。