Wookieepedia
Advertisement

「あのお茶は一体どこから?」
「ムーガだ。コマース・ギルドが支配している」
サティーン・クライズシディーク[出典]

アーディース・ビバレッジ(Ardees Beverage)はアーディース・ビバレッジ社によって企業ブランド化されたムーガン・ティーである。ムーガン・ティーそのものは古くから存在していたが、コマース・ギルド傘下のアーディース・ビバレッジ社によってレシピが商標登録され、“銀河系のお気に入り”ドリンクという謳い文句で販売されていた。

特徴

アーディース・ビバレッジは緑のおであり、ボトルに入れて販売されていた。[3] また缶に入った泡立つバージョンも存在した。[4][5] アーディース・ビバレッジは企業によって商標登録されたブランド版のムーガン・ティーである。[5]

歴史

もともとムーガン・ティーはアウター・リムで広く普及していたが、その産地である惑星ムーガを支配したコマース・ギルドは、この飲み物を独自性のレシピを持つ商標飲料として登録した。コマース・ギルドはアーディース・ビバレッジ社を設立し、企業ブランド化したムーガン・ティーを工場で生産させた。またギルドは企業の監査ドロイドを使い、独自にムーガン・ティーを販売しようとする施設に停止命令を出した。[5] アーディース・ビバレッジのボトルのラベルには、“銀河系のお気に入り”(the galaxy's favorite)という謳い文句が表記されていた。[2]

アーディース・ビバレッジを飲む少女

クローン戦争中、ティー・ヴァ率いる密輸組織コマース・ギルド支配下の惑星ムーガでアーディース・ビバレッジを仕入れ、惑星マンダロア密輸した。彼らは売上を増やすためスレイビンを使って飲み物を薄めたが、そのせいで茶に性が生じてしまった。闇市場を通じてアーディース・ビバレッジを仕入れていた学校をはじめ、マンダロリアンの子どもたちがサンダーリの各地で中毒症状にかかり、サティーン・クライズ女公爵が原因の調査を開始した。[3]

登場作品

参考資料

脚注

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのレストラン・メニュー
ドッキング・ベイ7 フード・アンド・カーゴ
料理
スモークド・カドゥ・リブ - フライド・エンドリアン・ティップ=イップ - ヨブシュリンプ・ヌードル・サラダ
ロースト・エンドリアン・ティップ=イップ・サラダ - フェルーシアン・ガーデン・スプレッド
ブレイズド・シャク・ロースト - アイソリアン・ガーデン・ローフ
デザート
オイ=オイ=パフ - バトゥー=ボン
キッズ・メニュー
ヨブシュリンプ・ヌードル・サラダ - テイスト・オブ・タコダナ - フライド・エンドリアン・ティップ=イップ
飲み物
モーフ・ジュース - ファトロ - バトゥーブチャ・ティー
カット・サカのケトル
アウトポスト・ミックス - コカ=コーラ - ダイエット・コーク - スプライト - ダサニ
ミルク・スタンド
ブルー・ミルク - グリーン・ミルク
オーガのカンティーナ
アルコール飲料
スピラン・カフ - ブラッディ・ランコア - ファジー・トーントーン - ジェダイ・マインド・トリック - アウター・リム
T-16スカイホッパー - ダゴバ・スラッグ・スリンガー - ジェット・ジュース - ヤブ・ナブ - ベスピン・フィズ
ゴールド・スコードロン・ラガー - ホワイト・ワンパ・エール - ガモーリアン・エール - バッド・モチベーターIPA
スパイス・ランナー・ハード・サイダー - トニレイ・ホワイト - インペリアル・ガード
非アルコール飲料
ブラック・スパイア・ブリュー - ムーガン・ティー - タリーン・ティー - ブルー・バンサ - クリフ・ドゥエラー
ハイパードライブ(パンチ・イット!) - ジャバ・ジュース - ブラーグファイア - カーボン・フリーズ - オーガズ・オブセッション
ロント・ロースターズ
食べ物
ロント・ラップ - ヌーナ・ターキー・ジャーキー
飲み物
タトゥイーン・サンセット - サワー・サルラック - メイルーラン・ジュース
[edit]
Advertisement