Fandom


アーレイル・スカウス(Arleil Schous)は銀河内戦の初期に砂漠惑星タトゥイーンに滞在していたデフェル男性である。

経歴

0 BBY当時、老齢に差し掛かっていたアーレイル・スカウスは体のまわりで光を屈折させて姿を消すデフェル種族特有の能力を失いつつあった。[1] ヤヴィンの戦いの直前、スカウスは惑星タトゥイーン宇宙港都市モス・アイズリーにあるチャルマンのカンティーナを訪れた。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカーカンティーナに来店したとき、スカウスはアルコーナヘム・ダズンアドヴォーゼボム・ヴィムディンシニティーンポンズ・リムビックステネス・シフターブラコナー・バキスカらと同じテーブルを囲んで座っていた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。