アーング(Aang)はルーナン男性で、クローン戦争期に銀河共和国元老院に仕えた元老院議員である。ルーナン特有の気難しい性格の持ち主だったアーングは、元老院の軍事監視委員会に所属しており、同委員会のメンバーの票を握る重要人物とされていた。21 BBYパドメ・アミダラ議員は共和国軍への支出削減法案を通過させるためアーングをアパートメントに招いてパーティを行った。しかしアーングの支援もむなしく、元老院はのちに500万体のクローン・トルーパーを増産するため軍備の増強法案を可決した。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。