Fandom


「あいつらはよそ者だ。ここの住民は平和を求めている。あいつらがいなくならなきゃ平和は来ない」
クイール[出典]

アーヴァラ7(Arvala-7)は銀河系惑星。人里離れた惑星であるアーヴァラ7には、犯罪者や傭兵が頻繁に現れていた。新共和国時代、アグノートクイールは平和な生活を求めてこの星で水分農夫を営んだ。[3] またアーヴァラ7にはジャワ部族が住んでおり、回収可能な廃品を求めてサンドクローラーで砂漠地帯を徘徊していた。[1]

9 ABY当時、ニクトによって構成される傭兵集団が、ジェダイ・マスターヨーダ同じ種族の“ザ・チャイルド”をアーヴァラ7の施設で監禁していた。そのためザ・チャイルドを狙うならず者たちが続々と集まり、施設一帯では争いが絶えなかった。最終的に、賞金稼ぎの“マンダロリアン”がクライアント依頼でアーヴァラ7にやってきた。彼はIG-11と協力して傭兵集団を倒し、ザ・チャイルドを確保した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。