Wookieepedia
Advertisement
Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

「この仕事は細心の注意が必要だ。通常の形では進められない。渡せるのはトラッキング・フォブだけだ」
―“クライアント[出典]

9 ABY頃、帝国軍残存勢力に属す匿名の“クライアント”に雇われたマンダロリアン賞金稼ぎディン・ジャリンは、“ザ・チャイルド”という通称で知られるエイリアンの幼児グローグーを生け捕りにするため、惑星アーヴァラ7における任務に臨んだ。クライアントはこの仕事の達成報酬として、マンダロリアン・アーマーの素材として用いられる貴重なベスカーを提示した。当初ジャリンは知らなかったが、賞金稼ぎギルドの他の大勢のメンバーが同じ仕事を引き受け、目的を果たせず失敗に終わっていた。アーヴァラ7に到着したジャリンは、アグノート水分農夫クイールの助けを借り、グローグーを監禁しているニクト傭兵集団アジトに到着した。彼はギルドのメンバーであるアサシン・ドロイドIG-11と協力して傭兵を倒し、グローグーを見つけ出した。しかしIG-11が獲物を抹殺しようとしたため、ジャリンはこのIGユニットを破壊した。

グローグーを連れて自分のガンシップレイザー・クレスト>に戻る道中、ジャリンはトランドーシャン賞金稼ぎたちに襲撃された。彼は同業者の敵を撃退したが、今度はジャワゴミ漁りが<クレスト>をバラバラにして、部品をサンドクローラーで持ち去ってしまった。ジャリンは再びクイールの助けを借りてジャワ部族チェトカプ長老と交渉し、マッドホーンを手に入れてくることを交換条件に、<クレスト>の部品を返してもらった。またジャリンはマッドホーンと戦った際にグローグーに命を救われ、この幼児が特別な力を持っていることを知った。<クレスト>を修理した後、ジャリンはクイールに礼を言ってアーヴァラ7を去り、惑星ネヴァロでグローグーをクライアントに引き渡した。しかしその後、心変わりしたジャリンは帝国の残党からグローグーを救出し、帝国やギルドとの抗争が始まった。

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement